20代女性 薄毛

20代女性でも抜け毛に要注意

最近は20代の若さにも関わらず抜け毛や薄毛で悩む人が増えてきました。そんな私も20代と言う若さで抜け毛に悩み薄毛に苦しみました。しかし、それももう今では過去の事です。

 

私の場合は、ストレスが原因でホルモンバランスを大きく崩してしまった事で、髪の毛の成長が止まり、ヘアサイクルが乱れてしまったという事と、食生活の乱れが原因で血行不良を起こしてしまっていたという事が原因でした。

 

毎日育毛剤や育毛シャンプーでの洗髪、朝晩の育毛サプリの服用、頭皮マッサージなどをしていましたが、一向に症状が良くなりませんでした。そして、症状が良くならない事に焦りを感じてしまい、逆にストレスになりさらに抜け毛は増えてしまいました。このままではつるつるになてしまうと思った私は、まず皮膚科に向かいました。

 

しかし、皮膚科での対応はとても適当で、少し頭皮をみて男性ホルモンを抑制させる服用薬を処方するだけの対応です。でもその時の私は藁にも縋る思いでしたので、とりあえ言われるがまま毎日処方してもらった薬を飲みました。そして抜け毛の量は確かに少し減ったような気がしました。

 

しかし、発毛しないのです。つまり新しい毛が生えてこないという事です。確かに抜け毛は減りましたが、新しい毛が生えてこなくては意味が無いのです。よく調べてみると、プロペシアと言う薬で男性ホルモンDHTを抑制させる薬だったのです。

 

男性型脱毛症AGAと言う言葉をご存知でしょうか?これは薄毛の男性殆どの方がAGAで、そのAGAの原因が男性ホルモンDHTの異常発生なのです。DHT(ジヒドロテストステロン)はテストステロンと言う男性ホルモンが5αリダクターゼ還元酵素と結合してできるとても厄介な男性ホルモンなのです。

 

このDHTが髪の毛の成長を妨げ、毛周期を狂わせてしまうと言う恐ろしい男性ホルモンなのです。私が処方してもらっていたのはこのDHTの発生を抑制させる働きがある薬だったのです。確かに抜け毛は減りましたが、新しく毛が生えてくる事はありませんでした。

 

そこでこのままではダメだと思いいろいろ調べた結果、発毛を目的とした発毛効果のある治療を行っている薄毛専門のクリニックを見つけたのです。私は早速無料カウンセリングの予約をWEBで申込みをしました。

 

そして、カウンセリングを受けた結果は「なんでもっと早くにクリニックの存在を知る事ができなかったんだ」です。そうです、自分の薄毛の原因も徹底的に調べてくれて、私に合った治療法を提案してくれ、私の症状に合った薬やサプリを処方してくれたのです。そして、毎月1回の診察にもきっちり出向き、今では元通りとまでは言えませんが、表に出ても恥ずかしくないぐらいにまで回復しました。

 

あの時決心して皮膚科に行った(行動に移した)からこそ今の自分があるのですが、初めから薄毛治療専門クリニックの存在を知っていたらもう少し早くに改善できていたのだと思います。

 

ですから、もしあなたも20代や30代の若さで抜け毛・薄毛で悩んでいるのなら、一人で悩まずに薄毛専門クリニックに相談するようにしてください。今まで悩んでいた自分がバカらしく思えてきますよ。

 

薄毛は治ります。早く対策して、早く治療を受ける事で改善できます。悩んでいる時間がもったいないので、私はあなたに一刻も早くクリニックに相談してもらいたいのです。

 

20代女性の薄毛対策